人気の転職サイト(登録無料)

次の仕事決まってないけど辞めると不利になる?転職のホントとウソ

突然ですが、仕事は楽しいですか?
今の仕事に満足していますか?

 

もしあなたの答えがNOで、次の仕事決まってないけど辞める道を選ぼうとしているなら、ちょっと待ってください。
まずはそのメリットやデメリットについて理解して、それから判断しても遅くはないですよ!

 

次の仕事決まってないけど辞めるのはダメ?

なんとなく通念上にある「仕事を辞めるのは次の仕事が決まってから」という考え。
あなたもどこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

でもどうして次の仕事が決まってないと、辞めたらダメなのでしょう?
「転職に不利になる」というウワサも聞きますよね。

 

それって本当なんでしょうか。
次の仕事が決まってないけど辞めてしまうのは、どんなデメリットがあるのでしょう。

 

多くの人がまず頭に浮かぶのは、収入がないという不安ですよね。
実家暮らしで何とかなるという人以外は、お金がなければ、生活ができません。

 

お子さんがいる方は、尚更でしょう。
家賃や食費、光熱費など、最低限の生活費は必要です。

 

その不安に負けて、妥協して転職先を決めてしまうことになっては、元も子もありませんよね。
じっくり転職を活動をするためには、お金の問題は避けては通れないと思います。

 

それから、面倒な手続きが必要になることも考えられます。

 

例えば、健康保険・厚生年金の切り替えです。
一般的な会社員は勤務先の健康保険組合などに加入しています。

 

退職してしまうと自動的に資格を失い、市役所などで国民健康保険の手続きをしなくてはなりません。
また厚生年金も同様に、国民年金に切り替える手続きが必要です。

 

すぐに次の仕事が決まっていれば、次の会社に書類などを提出するだけで新しい会社の健康保険組合に加入できるので、この手間はかからないんです。

 

それと、これもお金のことなのですが、社会保険料は会社が半分負担してくれていますので、離職すると以前より負担額が上がる可能性も高くなります。

 

そのことも念頭においておきましょう。

 

転職活動に悪影響はある?

次の仕事が決まってない状態で辞めてしまった場合、採用面接などで悪い印象を与えることはあるのでしょうか。
無職の期間が長くなってしまうと、あまり働く気のない人とか、他社に落とされ続けている人という印象を与えてしまう可能性はあります。

 

また、短いサイクルで有職と無職を繰り返している人は、長続きしない人だと判断されるため、転職が難しくなってしまうかもしれません。

 

しかし、それ以外の場合、退職してから転職活動をしたからといって、それを理由に採用を見送られることはほとんどありません!
面接で退職理由を聞かれた時にきちんと話せれば、無職であることはデメリットにはならないのです。

 

実際厚生労働省の調査でも、転職した人の25.8%は次の仕事が決まってないけど辞めているという結果が出ています。(平成27年転職者実態調査の概要より)

 

つまり、4人に1人が次の仕事が決まってない状況で、辞めているんです。
これって意外と多いと思いませんか?

 

次の仕事決まってないけど辞めるメリットは?

では、メリットについてはどうでしょう。
まず、退職することで転職活動に集中できるのは、大きなメリットと言えます。

 

働きながら転職活動をすると、仕事の合間時間に職探しをすることになります。
ハードワークの人の場合、そんな気力が残っていないのではないでしょうか。

 

退職してしまえば、ゆっくり次の仕事を探す時間も取れるし、平日の面接も気にせず行けるようになります。
できた時間で自己分析をしたり、資格取得のために勉強するのも良いでしょう。

 

採用面接においても、今すぐに働き始められるることは、メリットになります。
ほとんどの会社が、すぐに働ける人材が欲しいと考えているからです。

 

早ければ来週から出社して欲しいという要望に応えられるのは、無職だから故ですよね。

 

転職したいと思っていてもなかなかできない人の中には、次の仕事が決まったら辞めようと考えている人がいます。
こういう人の多くは、なかなか思うように転職活動ができず、結局ズルズルと今の仕事を続けてしまうんですよね。

 

退職して自分を追い込まないと、転職できないタイプなんです。
このタイプの人は、次の仕事が決まっていなくても、辞めて追い込むこと自体がメリットと言えなくもありませんね。

 

また、勤務先がブラック企業である場合も、辞められるだけでメリットです!
この場合は退職を悩む必要はありませんよ。

 

次の仕事決まってないけど辞めるなら、これだけはやっておこう!

デメリットはあまりないとは言え、軽い気持ちで退職してしまうと、後悔することになりかねません。
退職する前に、これだけはやっておくべきだと思うことを挙げてみましょう。

 

できれば、最低2?3ヶ月分くらいの貯金をしておきましょう。
なぜ2?3ヶ月分必要か、説明しますね。

 

次の仕事が決まってないけど辞めた場合には、失業保険の手続きができます。
ただ、自己都合退職の場合、手続きをしてもすぐに失業保険をもらうことはできません。

 

就職活動をしても次の仕事が見つからない場合に初めて、失業保険をもらうことができるんです。
それがだいたい2ヶ月後からなんです。

 

つまり、2ヶ月間は無収入になってしまいます。
その2ヶ月を過ごすために、最低2?3ヶ月分の貯金は必要ということです。

 

ただ、失業保険は退職前にもらっていた給料の5割?8割しかもらえません。
となると、余裕がある人は、半年分くらいの貯金を用意しておくと安心ですね。

 

とは言え、自己都合退職でも失業保険はもらえますから、退職したらなるべく早く、最寄りのハローワークに行っておきましょう。

 

ハローワークでは失業保険の手続きだけでなく、職業訓練の案内などもしてくれますよ。
(職業訓練を受けたり失業保険をもらうためには、いくつか条件があります。)

 

それから、在職中に転職サイトやエージェントに登録しておくのも、おすすめです。
転職サイトに登録することで、よりたくさんの求職情報を知ることができます。

 

今の条件と比べることで、現状を把握することができるからです。
思っていたより今の勤務先の条件が良かったと気がついて、退職を思いとどまることもあるでしょう。

 

転職エージェントを利用すれば、自己分析の方法やキャリアアッププランの作成などをサポートしてくれるサービスもあります。

 

また、条件に合う求人が見つかれば、面接の日程調整や条件の交渉なども、任せることができますよ。
しかも、利用料や手数料は一切かかりません。

 

まとめ

次の仕事決まってないけど辞めるのは、メリットがたくさんあることがわかりましたね。
逆にデメリットはさほどなく、転職に不利になるというウワサは、あくまでウワサであることもわかりました。

 

転職活動には、フットワークの軽さが大事です。
次の仕事決まってないけど辞めることは、フットワークを軽くする助けになりますよね。

 

心身ともに転職活動に集中するためには、次の仕事決まってないけど辞めることも大切なのかもしれません。

 

ただ、後先考えずに辞めてしまうのは、決しておすすめできません。
収入がなくなるということは、想像以上にあなたにダメージを与える可能性があるからです。

 

その不安が払拭できない場合は、仕事をしながら転職活動をするのも、1つの方法だと覚えておいてくださいね。

 

人気のコンテンツ

給付金を28ヶ月もらう技
通常3ヶ月しかもらえない失業保険を社会保険を利用することによって最大28ヶ月、最大700万円延長してもらう事ができます!

借金(ローン)を減額する技
借金がある状態で失業してしまうと、その返済が不安になってしまいますよね。借金を減額する方法をご紹介しています!

すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など

良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」
それは探す場所が違うからです!質の良い求人はこちら!


良質な求人を探す技

質の良い求人はどこで探せばいいの?

失業保険の申し込みをした後に、ハローワークで求人検索をすると思いますが、ハローワークで求人検索をすると、質の良い求人は、なかなか見つかりません。

それはハローワークの求人に企業側が掲載することが無料だからです。
その分掲載企業の質も落ちてしまうのです。

掲載料金が無料なので、どんな企業でも掲載できるのでハローワークの求人は量が多いのですが、その分、お金が無い会社や、本気度が少ない会社でも求人を出すことができてしまいます。


「ハロワの求人票が実際と異なる」苦情1万2000件
低い賃金、違う仕事内容・勤務地、社保未加入など


ハローワークに求人が多い理由もそこにあって、無料なので多くの会社が求人を出しているのです。

ではどこの質の良い求人が眠っているのかというと、掲載するのに100万円単位でお金がかかる「大手の転職サイトの中」です。

大手転職サイトを利用してみるとよくわかると思いますが、大手の転職サイトは掲載料が高いため、掲載企業の本気度が高いです。
経営状態の良い会社や、本気で募集を考えている会社でないと求人を出せないのです。

大手転職サイトは、各社で非公開求人が違うので、最低でも3社以上の併用をおすすめしていますが、転職サイトの最大手「リクルートエージェント」は必ず登録をしておくと良いでしょう。≫リクルートエージェント公式サイト(無料)

理由は、保有している非公開求人が圧倒的に多いからです。
ご利用は、もちろん無料です。

大手転職サイト(無料)
求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1 リクルートエージェント
求人数は業界トップクラス、67.1%が年収アップ パソナキャリア
20代〜30代の転職サポートに強い マイナビエージェント

※女性の転職に強い求人サイト →女性の転職ならリクルート

非公開求人を教えてもらおう!
大手転職サイトには、申し込みが殺到しすぎて担当者が困らないように非公開としている求人があります。
大手転職サイトに登録をするとそれらの求人を検索することができたり、教えてもらえたりします。

以下の3つの転職サイトは代表的な大手3社なのでおすすめです。
登録から全て無料なのでご安心を!

大手転職サイト(無料)
求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1 リクルートエージェント
完全無料!リクルートエージェント。圧倒的な求人数と転職成功ノウハウ。プロが転職をフルサポート・求人の90%は非公開求人【転職成功実績No.1】営業・IT系にも強い!

求人数は業界トップクラス、67.1%が年収アップ パソナキャリア
求人数は取引企業が12,000件以上、大手との強いパイプで求人情報を多数保有。パソナのみの独占求人が多く、専任ドバイザーが転職の悩みをサポート。

20代〜30代の転職サポートに強い マイナビエージェント
知名度・信頼性はリクルートとほぼ同格、IT技術職、機械・電気系技術職・金融系・営業職に強く、優秀なサポートによる高い面接突破率。ご利用満足度96.4%。

また、専門職の求人には、その職種専用の転職サイトを利用しましょう。

≫ 介護・福祉の求人情報
≫ 保育士の求人情報
≫ 看護師の求人情報
≫ 薬剤師の求人情報
≫ 医師の求人情報

それらの中から同じように2社くらいに登録をしておきましょう!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

転職・再就職をお考えの方は必ずご確認ください。


≫リクルートエージェントだけは面倒でも登録を!(無料)

求人情報サイト一覧 (無料)

各サイトで非公開求人が違うので、最低でも3社以上の併用をおすすめしています。
各サイト共に利用は完全無料、登録作業は1分で完了します。

正社員の求人情報

正社員の求人情報多数!希望にあった求人を見つけましょう。正社員で働きたい人のために、業種や職種、活かせるスキルや働き方の特徴から正社員の求人を探すことができます。ぜひ、転職活動にお役立てください。

≫正社員の求人情報はこちら

女性のための求人情報

女性のための求人・転職情報なら!正社員で長く働きたい女性のための求人がみつかります。女性が活躍している仕事を探せます。「急募求人」や「未経験歓迎」、「ワーキングマザー歓迎」、「残業なし」など。

≫女性のための求人情報はこちら

営業の求人情報

営業職の求人情報!豊富な転求人情報で希望の求人が見つかります。年収1,000万円以上の高額案件多数ご用意、管理職など多数掲載。エージェントサービスへのお申し込みで非公開求人の紹介や転職の相談も。

≫営業の求人情報はこちら

事務系の求人情報

オフィスワーク(一般事務、営業事務、秘書、受付)の女性の求人情報なら。18時退社、産休・育休ありなどライフスタイルに合わせて。仕事観、職種、正社員などいろいろな求職条件からぴったりの仕事が探せる。

≫事務系の求人情報はこちら

介護福祉の求人情報

介護・福祉の求人情報なら。介護福祉士、訪問介護・看護、生活相談員、ケアマネ、社会福祉士、PT、OT、保健師、栄養士、施設看護師。時給1700円や年収400万以上、年間休日125日など、好条件の求人多数。

≫介護士の求人情報はこちら

保育士の求人情報

保育士・幼稚園教諭の転職・求人なら!給料や正職員・パートアルバイトといった勤務形態、扶養控除内考慮、託児所・保育支援あり、月給25万以上、賞与4ヶ月など、さまざまな条件で求人を探せる。

≫保育士の求人情報はこちら

看護師の求人情報

看護師の求人情報!なら!病院の求人はもちろん、「検診・健診」「クリニック」「一般企業」など、准看護師可、夜勤専従ありなど、さまざまな条件で探せる。年収650万以上、年間休日130日など。

≫看護師の求人情報はこちら

薬剤師の求人情報

薬剤師の正社員、パート・非常勤、契約社員などの求人情報なら。調剤薬局、病院、ドラッグストアの薬剤師求人が見つかる。ママ薬剤師・薬剤師の派遣・時給3,500円・住宅手当あり・年収600万円, 土日祝休みなど。

≫薬剤師の求人情報はこちら

医師の求人情報

医師の転職サイトを徹底比較!医師の転職サイトはどこがおすすめ?先生に合った転職サイトをわかりやすく解説します!医師転職サイト20社を徹底比較!年収2000万円以上、週3.5日当直なしなど。

≫医師の求人情報はこちら


人気のコンテンツ

給付金を28ヶ月もらう技
通常3ヶ月しかもらえない失業保険を社会保険を利用することによって最大28ヶ月、最大700万円延長してもらう事ができます!

借金(ローン)を減額する技
借金がある状態で失業してしまうと、その返済が不安になってしまいますよね。借金を減額する方法をご紹介しています!

すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など