人気の転職サイト(登録無料)

傷病手当金の適用条件

健康保険には傷病手当金という制度があります。この制度は、病気やけがで就業できない期間に手当金が支給されるものです。

 

傷病手当金の適用には条件があります。まず、健康保険の制度ですから健康保険の被保険者であることが前提です。

 

そして、病気やケガのために仕事を休まなければならない期間が3日以上になった場合に4日目から支給されます。支給される金額はその人の標準報酬日額の6割が基本です。

 

ただし、この傷病手当金の制度は傷病で就業できない期間に会社から充分な報酬がもらえない人が対象なので傷病手当金を超す報酬が会社から支払われている場合は給付されません。

 

また会社からの報酬の金額によっては傷病手当金の支給金額が減額されるなど若干調整されることもあります。 

 

傷病手当金の適用条件

 

この傷病手当金は、在職中の人ばかりでなく退職後も条件を満たしていれば適用になります。

 

病気やけがで働けないままに退職したり、暗に退職をすすめられるケースも中にはありますから健康保険で損をしないためにも傷病手当金の制度については知っておきたいところです。

 

在職中に病気やけがで仕事を休み、そのまま退職して就業できない状態である時は引き続き傷病手当金の適用を受けることができます。

 

退職以前に健康保険の被保険者であった期間が1年間以上などの条件がありますが、最大で1年6か月にわたり傷病手当金を受け取ることができますので対象になるのであればフル活用したい制度です。

 

退職後に傷病手当金を受け取る場合でも健康保険の保険料は支払う必要はないので、保険料無料で手当てが受けられることになります。

 

傷病手当金の適用条件

 

ただし、保険医療という点では退職と同時に会社の健康保険は脱退していますから国民健康保険の手続きはしなくてはなりません。

 

また、傷病手当金を受け取っている期間は失業保険を受給することができませんので注意が必要です。

 

しかし失業保険には給付期間の延長措置がありますので、延長手続きをしておいて傷病手当金をもらい、元気になってから失業保険を受給すれば問題ありません。

 

傷病手当給付金サポートを利用する(早くもらう、多くもらう)

国の保険制度である傷病手当・失業保険などの受給期間を延長するための申請手続きサポートがあります。

 

傷病手当や、失業保険、障害手当など、様々な社会保険において、本来なら受け取ることが出来るはずの数十万円〜数百万円もの金額を、申請の方法がわからない為に、受け取り損ねているという方がたくさんいらっしゃいます。
傷病手当金の適用条件
傷病手当金の適用条件

 

無料で相談できるサービスが傷病手当給付金サポート

満足度は98%!
難しい申請の手順をわかりやすく、ご案内いたします。
今まで1,000名以上の方がご利用していますが、大変、満足を頂いています。

 

最大受給期間はなんと28か月!
現在の状況や、退職後のご予定をしっかりと聞いてから、その後の申請方法などを丁寧にサポート致します。
1人では受け取り方法がわからなかったかもしれない受給金額は、数十万円〜数百万円にもなりますので、サポートを受けて受け取ることで安心をして生活を送ることが出来るようになります。

 

サポートを受けられる条件

・20歳〜54歳までの方
・社会保険に1年以上加入している方
(派遣やパートの方でも、社会保険に1年以上加入していれば対象) 
・退職日まで2週間以上ある方
・次の転職先が決まっていない方

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

最大受給期間はなんと28か月です。

 

人気のコンテンツ

すぐに失業保険をもらう技
失業保険を3ヶ月間の給付制限なしでもらう方法や、失業保険をより多くもらう方法など

良質な求人を探す技
「自分はなんで条件の良い求人に出会えないんだ〜!?」
それは探す場所が違うからです!質の良い求人はこちら!

無料で活用できる大手転職サイト
各サイトで保有している非公開求人が異なるので最低でも3サイト以上の「転職支援サービス」の併用をオススメしています。

女性のための求人情報(無料)
女性向けの求人情報が豊富な転職サイトをわかりやすくランキング形式でご紹介しています。

関連ページ

求人情報サイト一覧
正社員の求人情報
女性のための求人情報
営業の求人情報
事務系の求人情報
看護師の求人情報
保育士の求人情報
介護・福祉系の求人情報
薬剤師の求人情報
医師の求人情報