失業保険 雇用保険の手続き

失業保険の手続き

失業保険の手続きを行うにあたって、手順を知らずに迷ってしまう人は多いと思います。 ここでは失業保険を受給する手続きと、知らないと損、知っていると絶対得する、給付金額を多く受け取る手続き方法について詳しく説明しています。

失業保険給付の手続き方法を知りたい方はトップページ

全国のハローワーク所在地検索

失業保険の手続きはハローワークから

ハローワーク

失業保険の手続きは、まずハローワークへ行くことから始まります。。
ハローワークに求職届を提出して、就職の意思があるということを伝えます。

 

全国のハローワーク所在地検索

 

失業保険を受給するという場合には、ハローワークにまず離職票を提出しなければいけませんから、勤め先だった会社から離職票をもらいましょう。そして離職票を持ってハローワークへ行きますが、持っていくものはほかにも、雇用保険被保険者証が必要ですし、住所や年齢などが確認できる書類、写真、印鑑、本人名義の銀行口座がわかるものを持っていく必要があります。

 

必要書類をハローワークに提出するのですが、自分が失業保険の受給条件をクリアしているかどうか、確認されてから失業保険の支給が始まります。その際には退職の理由が聞かれます。退職の理由によっては失業保険の手続きがストップして、受給資格がもらえないことがありますから十分に下調べをしておきましょう。

 

退職した理由が会社に対して大損害を与えたとか、過失があったなどという場合には、失業保険は受給できません。それだけでなく、受給できたとしても、金額に差が出たり、またはすぐに失業保険がもらえないなどの待機期間の違いが出てきます。自分の理由で退職した場合には金額も安いですし、待機期間も会社都合の1週間にプラス3か月という時間がかかってしまいますから、退職をした理由に関してはよく調べたうえで失業保険の手続きをすることをお勧めします。

 

 

しかし、ちょっと待ってください!

 

 

失業保険というものは、手続きの仕方によってもらえる支給額に相当の違いがあることをご存知ですか?

 

 

例えば、

 

 

  • 通常90日〜程度しか受け取れない失業保険の給付を2年間毎日受け取り続ける方法。
  •  

  • 自己都合退職を会社都合退職にして、失業保険を有利に受け取る方法。
  •  

  • 自己都合退職では、失業保険が受け取れるのは3カ月後からですが、自己都合退職でも退職と同時に失業保険を受け取れる方法。
  •  

  • さらには、高確率で前職よりも待遇の良い会社へ就職する方法

 

 

このように、失業保険を有利に受け取る方法というのが存在します。
そしてそれは、ハローワークに出向いて行う初回の失業保険の手続きの際、どのように手続きをしたかで全て決定してしまうのです。

 

 

もし、あなたの時間に1〜2日の余裕があるなら、是非ハローワークに行く前にコチラで紹介している方法を試してみてください。

 

 

支給総額に数十万円の差が出てくるケースが多いです。

 

 

あまり知られていないようなのですが、
失業保険には、手続きの仕方によって通常よりも多く支給してもらう方法というのが存在します。
ハローワークに行く前に上のサイトの情報を参考にしてみてください。

 

 


就活.com